看護師としてスキルアップするための資格

病院で患者さんに対して日常生活のケアから手術のサポートまで、看護師に求められる技術は多様です。そして、看護師の専門性と実務経験を生かした仕事をしたいという看護師は年々増加しています。看護師がその病院内でスキルアップをするためには、看護師の上位資格を取る事が求められます。
例えば、「認定看護師」という資格がありますが、これを取得する事によって看護分野別に熟練した技術と知識があるという事を認定してもらう事ができ、認定試験に合格する事によって認定証が発行されます。救急看護や緩和ケア、手術看護などのさまざまな項目がありますので、自分の得意な分野の試験から受けてみる事ができます。認定看護師のライセンスは熟練の技術を持っている事を証明する事ができるだけでなく、他の看護師に指導をする能力がある事も認められますので、一般看護師のリーダーとしての役割も期待されています。
しかしながら、取得のためのハードルは非常に高く、5年以上の実務経験を持ち、認定看護師専門学校で看護管理や看護理論などの講習を6ヶ月以上受講する必要があります。更にはマークシート式の試験を通過する事によってようやくライセンスを取得する事ができます。取得までは長く険しい道のりですが、高齢化社会の到来により、医療従事者に対する患者の割合が年々増加している事を考えると、高度な専門的知識を持つ看護師が増えて行く事は必須となります。認定看護師の増加は、チーム医療に不可欠である専門性をより高める事につながります。